上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
日本橋駅

spfcasino_2_02_001.jpg
日本橋界隈ジャングル・ウォーク、2回目にして早くも一旦休憩。時間的にもお昼時ということもあって立寄ったお店は丸善日本橋店3Fにある「MARUZEN cafe」。ということで、今週もタクシーの多い中央通りからスタートします。


spfcasino_2_02_002.jpg
そうです。昨年の9月以来、約5ヶ月ぶり(撮影時2月3日)に仕事で東京に来ていた、熊本にお住まいで市内でセレクトショップ・casino(カッシーノ)を営むwakoさん。今回も東京滞在最終日の僅かな時間を、撮影にご協力いただきました。一応、前回もちゃんと写っていたのですが、お気づきでしたでしょうか?

ちなみに「丸善って何?」と思われた北海道・岩手・宮城・福島・茨城・埼玉・千葉・東京・神奈川・長野・山梨・静岡・愛知・京都・大阪・広島・岡山・福岡・鹿児島以外にお住まいの方。丸善とは1869年(明治2)創業(日本橋店は翌年)の、一般書籍のほか学術書や洋書、高級文具など厳選した品揃えの総合書店です。洋書を輸入したのもバーバリーの直輸入も丸善が日本初とのことです。


spfcasino_2_02_003.jpg

spfcasino_2_02_004.jpg

spfcasino_2_02_005.jpg
wakoさんが注文したのは、プレミアム早矢仕ライス(1200円)とグレープフルーツジュースのドリンクセット(350円)。


spfcasino_2_02_006.jpg

spfcasino_2_02_007.jpg

spfcasino_2_02_008.jpg
MARUZEN cafe
“ハヤシライス”命名に諸説あるうちのひとつに、丸善創業者の早矢仕有的(はやし ゆうてき)が、幕末か明治の初年の頃、友人が訪れるとあり合わせの肉や野菜をゴッタ煮にして、ご飯を添えて振舞っていたそうで、やがてこの料理は「早矢仕さんのライス」といわれるようになり、評判が評判を呼び、その後「ハヤシライス」の名で街のレストランのメニューとなっていったという説があります。その早矢仕ライスはMARUZEN cafe(日本橋店)やM&C cafe(丸の内店・川崎店・町田店)で味わうことができます。

【住所】 中央区日本橋2-3-10日本橋丸善ビル3F 【営業時間】 9:30~20:30




MARUZEN cafeを出たのが14:02。wakoさんが撮影に協力してくれるのは、都営浅草線→京浜急行線直通エアポート快特が日本橋駅に到着する15:41まで。残りあと1時間39分。そんな「ミートくん救出リミット残り3分」的状況の中、次回より本格的に日本橋界隈を舞台に、ジャングル・ウォークをしていきます。タイムリミットまでに、wakoさんはどれだけ野生動物を観察することができるのか?
お楽しみに!




今週のBGM
speena vs. 小西康陽 『 マテリアル・ガール




にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。