上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
2011.03.02 根津 #2
根津駅

spf_nhks_n2_001.jpg

テレビ・雑誌・ブログなどでよく取り上げられる「谷根千」(やねせん)。「谷根千」とは、谷中(台東区)・根津(文京区)・千駄木(文京区)の頭文字をとった、このエリアの総称として、そう呼んでいます。東京以外にお住まいの方でも聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。今回はその谷根千の「根」、根津周辺を周ってみたいと思います。



spf_nhks_n2_002.jpg

spf_nhks_n2_019.jpg

串揚げ はん亭
「明治時代に建てられ、関東大震災にも耐えた総けやき造り木造三階建ての日本家屋は、とてもめずらしく、なかなか見ることができません。価値ある建築物として、文化庁が指定する登録有形文化財にも指定。二階・三階の窓から眺める瓦の波が、とても心地よく下町風情を感じられます。(はん亭HPより)」という下町情緒あふれる串揚げのお店です。

住 所 : 東京都文京区 根津2-12-15
定休日 : 月曜日(祝日の場合は火曜)
営業時間 : 昼・11:30~15:00(14:00L.O.) / 夜・17:00~23:00(22:00L.O.)
最寄駅 : 東京メトロ千代田線「根津駅」2番出口より徒歩5分



あいにくこの日は月曜日。お休みなので次の場所へ移動します。
(開いていても入るつもりはありませんでしたが・・・)



spf_nhks_n2_003.jpg

spf_nhks_n2_004.jpg

spf_nhks_n2_005.jpg

spf_nhks_n2_006.jpg

spf_nhks_n2_007.jpg

spf_nhks_n2_008.jpg

根津のたいやき
「開店と同時に行列ができる人気の店」と聞いていましたが、この日は誰も並んでなく、簡単に買えることができました。パリッと焼いた薄皮に、ほどよい甘さの粒餡が入った天然物のたい焼きが人気です。1個140円。(実食は後ほど)

住 所 : 東京都文京区 根津1-23-9
定休日 : 火曜・金曜(不定休あり)
営業時間 : 10:30~売り切れ次第終了
最寄駅 : 東京メトロ千代田線「根津駅」1番出口より徒歩5分



出来立てのたい焼きを購入したところで、次の場所へ移動します。



spf_nhks_n2_009.jpg

spf_nhks_n2_010.jpg

spf_nhks_n2_011.jpg

spf_nhks_n2_012.jpg

spf_nhks_n2_013.jpg

spf_nhks_n2_014.jpg

根津神社
今から1900年余の昔、日本武尊が千駄木の地に創祀したと伝えられる古くからある神社。江戸時代五代将軍徳川綱吉は世継が定まった際に現在の社殿を奉建、千駄木の旧社地より御遷座した。 「根津の権現様」として親しまれている。神社の境内の一角に50種3000株のつつじが植えられたつつじ苑があり(根津神社2枚目の写真)、4月~5月のゴールデンウィークの期間「つつじまつり」が開催され、多くの人で賑わいます。

住 所 : 東京都文京区 根津1-28-9
最寄駅 : 東京メトロ千代田線「根津」駅・「千駄木」駅、南北線「東大前駅」より徒歩5分




spf_nhks_n2_015.jpg

spf_nhks_n2_016.jpg

根津教会
もともと米国の福音派系の教団によって、1919(大正8)年に「本郷福音教会」としてこの地に建てられた、薄水色の外観の可愛らしい木造の教会。 関東大震災・東京大空襲をくぐり抜け、大正期の木造の西洋館が完全な形で東京に残っているのはとても珍しく、2001年に文化庁が指定する登録有形文化財にも指定されている。

住 所 : 東京都文京区 根津1-19-6
最寄駅 : 東京メトロ千代田線「根津駅」1番出口より徒歩5分




spf_nhks_n2_017.jpg

お化け階段
根津神社の近くの閑静な住宅街にある有名な「お化け階段」。下から登ると40段、上から降りると39段という不思議な階段。以前は薄暗くて人通りも少なく、いかにも「お化け」な感じの、雰囲気のある階段でしたが、鬱蒼と樹木の生えた空き地にマンションが建設され、同時に古い階段を残して幅を広げて新しい階段を作ったので、今ではすっかり雰囲気が変って、陽の当たる明るい普通の階段になっていました。それでもA-chnagは段数を数えながら階段を登ってました。

場所 : 場所 : 東京都文京区 根津1-20あたり




spf_nhks_n2_018.jpg

弥生式土器発掘ゆかりの地 碑
1884年(明治17)、東京大学の学生たちが根津の谷に面した貝塚から縄文式土器とは異なる土器を発見しとことから、発見された地名「本郷区向ヶ丘弥生町(当時)」にちなんで「弥生式土器」と名付けられた。この石碑がある場所は、あくまでも「ゆかりの地」であり、「発掘の地」ではありません。「弥生式土器」の発見地は、その後の街の変化によって特定するにいたっておらず、現在も調査研究が進められてるそうです。

場所 : 東京都文京区 弥生2-11




行く先々が謂れのある場所だったので、その謂れをいちいち掲載してみました。
「これからの暖かくなるシーズン、のんびりと根津の街を散策されてみてはいかがでしょうか?素敵な発見があるかも?」なんてベタなことも言ってみたくなるくらい、いつになくガイドブック的要素が強かった根津周辺歩きでした。

さて冒頭でしれっと「谷根千」の説明をしてましたが、今回のシリーズで、根津以外の谷中・千駄木には行っておりません。楽しみされていた方が、もしいらしたら、申し訳ございませんでした。「谷根千」に興味のある方は、検索すると数多くの素晴しいブログの方で、いろいろ紹介されてますので、ぜひそちらをご覧ください。

そんな他で紹介されつくした感のある「下町・谷根千歩き」には目もくれず、TOKYO239が周ったエリアの総称、それは「根本はるみ」。(勝手に命名)

ということで次回より「根本はるみ」編(勝手に命名)の第二弾、「本郷周辺」がスタート。早くも今回のメインである、あの有名な某国立大学が登場!お楽しみに!



今週のBGM 夏木マリ 『 三月生まれ


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。