上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
2015.06.01 築地周辺 #7
築地市場駅
unno_42_001.jpg
ここまで首都高を覆う屋根の錆びや日刊スポーツ社食など、所謂「築地」っぽくない内容を延々とお送りしてまいりましたが、#7にしてようやくお待ちかねの築地市場へと向かいます。


unno_42_002.jpg
と、市場に行く前に厄除けのご利益がるといわれる「波除稲荷神社」へ。


unno_42_003.jpg

unno_42_004.jpg

unno_42_005.jpg
お歯黒獅子


unno_42_008.jpg

unno_42_009.jpg

unno_42_007.jpg

unno_42_006.jpg
波除稲荷神社
波除稲荷神社の起立は万治年間(1658-61)といわれています。当時、築地一帯の埋立てに際し、堤防がたびたび波に崩されて工事が難行していました。ある日、海中に漂う稲荷神の像をみつけ、これを祀ったところ、風も波もおさまり、工事が無事完了したと伝えられています。「波除」という尊称もこの伝説に由来するものです。以来、厄除や航海安全の神として、人々に厚く信仰され、祭りでは数多くの獅子頭が町をねりあるき、獅子祭りと呼ばれていました。今でも3年に一度、6月に行われる例大祭では、嘉永元年(1848)に造られた獅子頭が築地周辺を練り歩き、その伝統を伝えています。江戸時代、築地の南側には尾張徳川家の蔵屋敷があり、社殿前の天水鉢は、そこで船から荷物を陸揚げする小揚の人たちから奉納されたもので、獅子頭とともに中央区民文化財に登録されています。
(中央区教育委員会)

また土地柄か、すし塚、海老塚、玉子塚など魚河岸ゆかりの塚が6石祀られています。

住 所 : 東京都中央区築地6-20-37
最寄駅 : 都営地下鉄大江戸線 築地市場駅A1番出口から徒歩5分


unno_42_010.jpg
次回、今度こそ本当に築地市場(場内市場)へ。築地市場に行った際に、とても役立つ情報を網羅した築地市場(場内市場)突入編をどうぞお楽しみに!



 今週のBGM
TOKYO No.1 SOUL SET 『 SUNDAY


にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。