上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
2013.07.20 秋葉原 #7
御茶ノ水駅f

unno_8_001.jpg
日本三大祭り・江戸三大祭りに数えられる「神田祭」をおこなう神社として知られる神田明神。2年に1度、本祭りが行なわれる神田祭は、2011年は東日本大震災により中止、2012年は蔭年だったので、4年ぶりとなる今年の5月9日~15日に実施されました。

・・・ですが、今回撮影をしたのはそんな有名な神田祭が終了した5月28日。なのでお祭り要素ゼロの神社での普通の参拝の様子をご覧ください。という訳で、まずは「神田明神って?」という方のために隨神門の横にあった神田明神についての説明板から一部書き写しましたので、まずはそちらをお読みください。(まぁ、なんて良心的!)



unno_8_002.jpg
神田明神(正式名称:神田神社)
Edo Sochinju Kanda Myojin
Kanda Shirine,the Tutelary Shrine of All Edo

〔Deities Enshrined〕
Ichi-no-miiya(First Shrine):Onamuchi-no-mikoto("Daikoku-sama") Ni-no-miya(Second Shrine):Sukunahikona-no-mikoto("Ebisu-sama") San-no-miya(Third Shrine):Taira no Masakado-no-mikoto("Masakado-sama") Kanda Shrine is formally known as Kanda JInja but is also more popularly called Kanda Myojin.The deities enshrined are the guardian deities for 108 Tokyo neighborhoods,including Kanda,Nihombashi,Akihabara,Ohte-Marunouchi,the Old Kanda Market and the Tsukiji Fish Marked.Prayers to the deities enshrined at Kanda Myojin are partivularly efficacious for family happiness,marriage,prosperity and success in business,recobery from illness,and protection against accidents and disasters,among many other things.

〔History〕
Kanda Myojin was founded in 730(the 2nd year of the tempyo era,or Tempyo 2).With its almost 1,300 years of history,the shrine is one of the oldest in Tokyo.Originally,it was located near the Masakado-zuka (Masakado Tomb)in present-day Chiyoda-ku,not far from the Imperial Palace.In 1309 (Enkei 2),Taira no Masakado(903?-940),a famous warrior hero of Eastern Japan,was enshrined at Kanda Myojin.In 1603 (Keicho 8),when Shogun Tokugawa Ieyasu established his government in Edo(now Tokyo)and rebuilt Edo Castle on a larger scale,the shogunate moved Kanda Shrine to its present site in order to guard against misfortune entering the castle from the inauspicious Omote Kimon(demon gate)direction.Throughout the Edo period,many people both in the government and among the general public honored the shrine as the Tutelary Shrine of All Edo.
During the Meiji period (1868-1912),Kanda Myojin was named one of the ten shrines in Tokyo to which an Imperial emissary was sent on the occasion of festivals and was officially regarded as the guardian of the City of Tokyo and the Imperial Palace.In 1874,another deity,Sukunahiko-no-mikoto,who was originally worshipped at Oharai Isosaki Shrine in Ibaragi Prefecture,was enshrined as the second guardian deity of Kanda Myojin.It was also in this year that Emperor Meiji paid a personal visit to the shrine.
Following the destruction of the shrine complex in the Great Kanto Earthquake of 1923,the shrine buildings were rebuilt in Gongen style,but instead of the traditional wood,reinforced concrete was used,an innovation in shrine-construction methods.The fire bombing of Tokyo in 1945 nearly destroyed the Kanda and Nihombashi areas,but the shrine buildings survived with only minimal damage.
After the war,the Zuishin Gate and other structures were rebuilt,restoring the shtine to its Edo-period grandeur as one of the most important and scenic shrines of Tokyo.In 1995,as part of the Heisei Grand Restoration Project,the shrine buildings were thoroughly refurbished and a new museum was added to the complex.In 2005,further renovation work was carried out,and the new Ho-ou-den (Phoniw Hall)and Soreisha(Shrine for Ancestral Sporits)were built.




unno_8_003.jpg

unno_8_004.jpg

unno_8_005.jpg

unno_8_006.jpg

unno_8_007.jpg

unno_8_008.jpg

unno_8_009.jpg
秋葉原に近い土地柄か、絵馬もイラストが目立ちます。



unno_8_018.jpg
神々しい後ろ姿。ポニー?いいえ、神馬です。

神馬・神幸号「明(あかり)」
信州佐久高原で平成22年5月15日に生まれた牝馬です。毛並みは「あし毛」といわれ歳をとるごとに白毛が増え白馬になっていきます。
名前の「明(あかり)」は明るく平和な世を願った名前であるとともに、神田明神の「明」の文字をいただきました。「あかりちゃん」と呼んでかわいがってあげてください。

【お願い】
このポニーは腹痛をおこしやすいので食べ物は絶対に与えないで下さい。
おとなしいポニーですが口のまわりに手を出したりしないで下さい。
ロープの中にお子様を入れないで下さい。


あかりちゃん紹介の立て看板により、結局はポニーだったことが判明。





unno_8_016.jpg

unno_8_010.jpg

unno_8_017.jpg
「これしか撮っていなかったからといって、ブレた写真が使われませんように・・・。それと毎回記事の下にあるspoof坊やのブログ村ボタンをほとんど押していただけないので、どうか押してくださるように・・・」とはお祈りしていないうんちゃん。



unno_8_011.jpg
神社といえばおみくじ、おみくじといえば神社。
という訳で神田明神でおみくじを引いてみることに。



unno_8_012.jpg


 末吉  「冬ながら空より花のちりくるは雲のあなたは春にやあるらん」

不幸な目に遭遇し悲歎にくれ何の期待もなしに漫然と日を送る人。希望に燃ゆる春は目前にある。くよくよせずに自己に目覚め自信をもつて目的に向かって一路前進せよ。

後楽園ではA-changの完コピをやらされ、はじめての秋葉原では薄暗いビルとビルの隙間に入らされ、確かに「不幸な目に遭遇し悲歎にくれ」というのは当たっているかもしれません。



unno_8_013.jpg

unno_8_014.jpg

akiba_navi_011.gif
神田明神境内には他にも「えびす様尊像」や「だいこく様尊像」、「銭形平次の碑」などがありますが、それらすべてをスルーし、最後にやって来たのはグルグルマップや写真からは、その急な坂の感じが伝わりづらい「明神男坂」。



unno_8_019.jpg
出ました。ここで久々の説明板です。 例によって、何が書かれているのか気になる方も、読まれる方もいないとは思いますが記載しておきます。(要は車田正美の『男坂』とは無関係)

明神男坂(みょうじんおとこざか)
この坂を明神男坂(みょうじんおとこざか)といいます。明神石坂(みょうじんいしざか)とも呼ばれます。『神田文化史』には「天保の初年当時神田の町火消『い』『よ』『は』『萬』の四組が石坂を明神へ献納した」と男坂の由来が記されています。この坂の脇にあった大銀杏は、安房上総辺から江戸へやってくる漁船の目標になったという話や、坂からの眺めが良いため毎年一月と七月の二六日に夜待ち(観月)が行なわれたことでも有名です。

ちなみに神田明神の南側には「明神女坂」もあります。


unno_8_020.jpg

unno_8_021.jpg
神田明神をあとにし、舞台は再び秋葉原へ。冷やし甘酒しか口にしていない、はらぺこうんちゃんが立寄った人気の外国人シェフのお店とは!?高級感溢れる次回に乞うご期待。




 今週のBGM
バニラビーンズ『 マスカット・スロープ・ラブ
にほんブログ村 地域生活(街) 東京ブログ 東京都情報へ
Secret

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。